山火事から避難した一家。鎮火後、「自宅の写真」を見てビビった!

先日、アメリカ・カンザス州で、数千人の人々が避難する大きな山火事が発生。

近隣のリノ郡に住むダニエルさん・スコットさん夫妻も、自宅からの避難を余儀なくされました。

 
そして鎮火した後、現場で撮影された写真を見ると





 
なんと、辺り一面焼け野原になっている中で…

「ダニエルさんたちの家だけが燃えずに残っていた」のです!

関連:ゲームに熱中する兄の横で…! 『弟のツラさ』が詰まった写真に涙

 
彼女たちは当時、庭の芝生に水をやるための「スプリンクラー」を数週間つけっぱなしにしており、避難時もそのスイッチを切らずに出てきていました。

帰宅許可を受けて戻った際、飼っている牛たちも無事に生き残っており、いつもと変わらぬ様子で草をはんでいたそうです。

 
この写真が海外掲示板Redditに投稿されると、たくさんのユーザーたちから反響がよせられました。

ネットの反応

●スプリンクラーがあったことは大きかったと思う。でも、それ以上に、家と迫りくる火の間に、芝生のスペースがあったことが大きな違いを生みだしだんだと思うよ

●このスプリンクラーを設置した会社は、これを広告に使わないとダメだろ。

●サンディエゴに住むうちのお父さんも、このために消火用のホースとスプリンクラーを買ったよ。もしまた山火事が起こったら、屋根の上から集中豪雨を降らすんだって

 
見れば見るほど、驚きの光景。

もちろん、様々な幸運が重なった結果だとは思いますが…このエピソードをきっかけに、スプリンクラーの購入を決意する家が増加しそうですね。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ