おじいちゃんが16歳の誕生日にくれた古いノート。その中身に孫は言葉を失う

16歳の誕生日に、おじいちゃんから3冊の古いノートをもらったローレン(@renblankk)さん。

 
一見すると、首をひねってしまうような贈り物ですが…

その中身を見て、彼女は驚きのあまり、息を呑みました。


2003年2月16日 2歳の物語

やあ、ローレン。

いつの日か君が楽しんで読んでくれることを願って、このノートを書くことにしたんだ。

おじいちゃんとローレンの日々を書き留めていくよ。

 
そんなメッセージで始まる3冊のノートには、幼い孫娘と過ごした以後3年間の出来事が、小さな文字でびっしりと書き込まれていたのです。

ノートには、2歳から5歳まで私とおじいちゃんが一緒に暮らした時のことがいっぱい書き込まれていたの。

私、言葉を失っちゃったわ!

 
ローレンさんがこの話をTwitterに投稿すると、世界中から感動の声が集まりました。

● こんなに愛に溢れたプレゼント、見たことがないわ!

● ツイートを見て泣いちゃった。

● まさに「プライスレス」な贈り物ね!

 
どんなプレゼントよりも価値のある、たくさんの「思い出」をくれたおじいちゃん。

素敵なエピソードに、心がほっこり温まりました(*´ω`*)

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ