水1杯を頼み、500ドルものチップをくれた客。店員が後に気付いた「素敵な理由」とは?

テキサス州に住むケイシー・シモンズさんは、レストランでの勤務中、一風変わった1組のお客さんと遭遇しました。

 
その方たちはカップルで来ているにもかかわらず、この店で一番安い37セント(約40円)のフレーバーウォーター1点しか注文しなかったそうです。

 
少し経った後、彼らは席を立ち、シモンズさんにレシートを渡して店を去りました。

そして…

 
受け取ったレシートを見たシモンズさんは言葉を失います。

なんと、37セントの支払いに対し、500ドル(約54000円)ものチップが上乗せされていたのです!

 
一体何があったのだろうとシモンズさんは驚きつつも、カップルのいた席へと向かいました。

するとテーブルには、なにやら文字が書かれた1枚のナプキンが…。

 
その内容を読んだシモンズさんはハッと気づき…

前日に起こった「ある出来事」を鮮明に思い出したのです。

 
自宅近くのスーパーでレジに並んでいたところ、ひどく落ち込んでいる女性を目撃したシモンズさん。

普通の人なら気にも留めず通り過ぎるような、何気ない日常の一場面でした。

 
しかし、彼は…

この女性を笑顔にしたい。

 
その一心で彼女に声をかけ、代金17ドル(約1700円)を代わりに支払い、そのまま店を後にしたそうです。



ナプキンの手紙には、こう書いてありました。

あなたが、あなたらしくいてくれてありがとう。

母が1年で最も憂鬱になる父の命日を、あなたは素敵なものにしてくれました。

 
あなたが親切にしてくれてから、母はずっと笑顔です。

あなたは自分が代金を支払うと言って聞かず、母のことをとても美しい女性とも言ってくれたそうですね。

 
父が亡くなって以来、母がこんなにも笑う姿を見たことがありませんでした。

母は、特別助けを必要としていたわけではなかったかもしれません。

それでも、あのときのあなたの行いが、これからの母の1年を明るく照らしてくれたのです。

 
メッセージは、シモンズさんがスーパーで出会った女性の娘さんが書いたもの。

人を笑顔にするのが大好きなシモンズさんは、見返りなど求めていませんでした。

しかし、お母さんが笑顔になった理由を知った娘さんは、どうしても感謝の気持ちを伝えたかったのだと思います。

 
この心温まるエピソードは、アメリカのメディア「USA TODAY」でも取り上げられました。

 
なにげない優しさが、他者の人生に大きな幸せをもたらすことがあります。

親切を与えることと、それに応えること。

日常にあふれるそうした行いは、我々が思う以上に、かけがえのないものなのかも知れません。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ