『最終選考に残りたければ』 ミスコン主催者の酷い要求に、女性は?

2015年に、アイスランドで最も美しい女性・「ミス・アイスランド」に選ばれたアーナ・エール・ジョンズドッティアさん。

 
めでたく「ミス・グランド・インターナショナル」という美の世界大会への参加権を得た彼女でしたが…

その大会の出場前に、主催側のスタッフからこんな言葉を掛けられたといいます



きみは太りすぎていて肩幅も広い。

最終選考に残りたければもっと痩せなければならない。

朝食を抜いてサラダだけを食べればいいだろう。

 
誠に理不尽な言い草。

とはいえ、運営にかかわる人間の直々のアドバイスである以上、勝利を願う出場者の大半はその内容に従うことでしょう。

 
しかし…

自身を「強い女性」と表現するジョンズドッティアさんの対応は、少し違いました。

 
彼女は今回の出来事について、主催者側へ、以下のような手紙を送ったのです。

私は、コンテストを辞退することにしました。

 
私があなた方にとって太りすぎだというのなら…

それは、ミス・グランド・インターナショナルが私の顔、体、心すべてにふさわしくないことを意味します。

 
もしあなた方がこのまま“国際”コンテストを続けていくのなら、それぞれの国の美しさを受け入れられるようになるべき。

 
私の国では、この体は完璧です。

どこへ行っても、そのことだけはいつも心に留めています。

 
心の底からスカッとする、毅然とした対応です(笑)!

てっきり自分たちに従うだろうと思っていた主催側は、タジタジだったことでしょう。

 
アイスランドのナショナルアスリートチームに所属していた彼女。

そのために他のミスコン出場者より肩幅が広く、体も大きく見られがちだったそうです。

 
それでもジョンズドッティアさんは、チームに所属していることを誇りに思い…

「自分は今のままで十分だ」と断言しました。

 
「女性は細身であるべき」といった考え方も、一般論とは程遠い、ただの偏見に過ぎません。

ジョンズドッティアさんの言う通り、「痩せているから」という理由で世界一になれるコンテストなど、あってはならないと思います。

 
美しさとは、外見からのみならず、内面からも発せられるもの。

 
無理なダイエットに励む方もいらっしゃいますが…。

ジョンズドッティアさんのように「美に対する信念を持つ」ことこそが、実はなにより効果的な美容法なのかもしれませんね。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ