ガンを患う母のため、病室で結婚式を行った娘。そして、2ヵ月後…

新婦のお母さんがガンを患い、入院を余儀なくされたために結婚式を諦めた1組のカップル。

そんな彼らは、あるとき「病室での結婚式」を行っているプランナーの存在を知りました



 
サプライズ当日。

病院のスタッフが「天気がいいので、おシャレをしてお散歩に行きましょう!」と、お母さんを外へ連れ出します。

その間に病室の飾りつけを済ませ、ドキドキしながら待つ新婦の望さんと新郎の淳志さん。

 
やがて、戻ってきたお母さんは



「え!?」

 
驚いた表情を浮かべた後、状況を理解して…

涙をこらえることができませんでした。

 
そして、いよいよ結婚式が始まります。

 
用意されたプログラムは4つ。

●新郎と新婦のお母さんとの誓いの握手

僕が望さんを一生守っていくので、安心してください!

 
●新婦からお母さんへ感謝のプレゼント

 
●ベールダウン

 
●結婚証明書へのサイン

 
思いもよらぬ形で、最高の思い出を作ることができたお母さん。

 
式が終わり、まもなく…

彼女は、この病室で息を引き取りました。

 

それから2ヶ月後。

望さんたちは、お母さんからサインしてもらった結婚証明書を手に、式をあげました。

 
そして…

幸せな瞬間を迎えた彼らにも、「あるサプライズ」が待っていたのです。

 
感動的な瞬間を、ぜひ動画でご覧ください。(4分30秒頃から)

 
2人に知らされず、場内で上映された映像。

それは…病室で結婚式をあげた直後に撮影された、お母さんからのビデオレターでした。

 

今日は本当にありがとう。

こんなに早く、2人の結婚式の姿が見れるなんて、思ってもみなくて本当に嬉しいです。

 
2人できっと色々な人に支えられて生きていくんでしょうけど…

決して2人だけじゃないし、周りの色々な人が助けてくれるから、いつでも甘えていいんだよ。

 
そういう時にいっぱい感謝してください。

“ありがとう”という言葉が、家庭の中に溢れるようにしてください。

「ありがとう」って言ったらね、いっぱい幸せな家庭ができるんじゃないかなって思います。

 
私は今、本当に感謝でいっぱいです。

本当にありがとう。

 
これからも迷惑かけること多いかな。

でも…すごく幸せです。

 
優しい言葉に、望さんの目から涙があふれ出します。

 
かけがえのない、大切な思い出を交換しあった親子。

 
話すことができなくなってもなお、その絆が途切れることは、永遠にありません。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ
あなたにオススメ [PR]