『後ろの車の分も払っていい?』 アメリカのマクドナルドで起きた、「ある奇跡」の話

米フロリダ州のマクドナルドのドライブスルーにて、頼んだ商品の代金を支払っていたトリー・キーヌさん。

 
ふと彼女は、次に並んでいたドライバーも注文を終えていることに気づいて、「あるサプライズ」を思いつきます。

後ろの車の分も、払っていいかしら?

窓口に来たら「メリークリスマス」と伝えて欲しい。

 
キーヌさんは店員のフィギュエロワさんにそう言い残し、その場を後にしました。

 
後ろの車が会計に来ると、フィギュエロワさんはキーヌさんが食事代を払ってくれたこと、そして彼女の「メリークリスマス」というメッセージを伝えます。

 
すると…

今度はキーヌさんの行いに感動したその人が、「自分の後ろのお客さんの食事代を払わせて欲しい」と申し出たのです!

 
こうして繋がっていった親切の連鎖はどんどん続き、なんと





フィギュエロワさんが担当していた「朝9時から昼3時のシフトが終わるまで途絶えることがなかった」といいます!

スポンサードリンク

 
途中から車の台数をカウントしていったところ、他のお客さんのために食事代を支払った方は実に250人。

最後尾だったドライバーさんは、事情を知り、困惑した様子で尋ねてきたそうです。

私は、どうしたら良いんでしょうか…?

 
フィギュエロワさんは答えました。

 
「ただただ、よいクリスマスを!」

店員としてこの出来事に立ち会えたことは、神様からのプレゼントだと思います。

 
1人の優しさから始まった親切の連鎖。

世界には、私たちが思っているよりも、ずっと多くの奇跡が溢れているのかもしれませんね(*´∀`*)

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ
あなたにオススメ [PR]