死期を悟った男性の最後の願い。それは『愛馬に会うこと』だった

アメリカ・テキサス州に住むロバート・ゴンザレスさんは、46年前ベトナム戦争に出征。

無事に帰ってこられたものの、その時に撃たれた傷が元で体に麻痺が残ってしまいました。

 
しかし、思うように動けなくなった後も、彼は長年抱いていた夢を諦めませんでした。

それは「テキサスで牧場の経営者になって、大好きな馬とともに人生を送る」こと。

実現へ向けて、リハビリを行いながら馬を飼い始めます。

 
夫人のロサリオさんも「馬は主人の人生そのものなんです」と語る通り、それから40年間ずっと、馬のトレーナーとして奮闘したロバートさん。

その成果が認められ、テキサス州公認のトレーナーにまで昇りつめます。

 
しかし…

戦い続けてきたロバートさんにも、刻一刻と最期の時が迫ってきました。

そして、自分の命が残りわずかであることを悟った彼は、家族にこうお願いしたといいます。

馬たちに会わせてほしい。

 
家族が病院に掛け合うとすぐに許可が下り…

約241kmの道のりを経て、とくにお気に入りだったシュガーとリンゴの2頭が、主人のもとへと到着しました。

 
待ちわびた再会の瞬間を、ぜひ動画でご覧ください。

 
病院の外までベッドを運び、ついに愛馬たちと対面。

すると、それまで目を閉じていたロバートさんが



目を開けて、シュガーたちを見たんです。

 
ロバートさんは、支えられながらも愛馬に触れることができ…

 
馬たちも、父親に「おやすみ」を告げるかのように、優しくキスを返します。

 
まもなくして、ロバートさんは息を引き取りました。

愛する人や馬たちに囲まれて、天国へと旅立つことができた彼は…幸せだったに違いありません。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
 
こちらもオススメ