京都で財布を落とした外国人の男性。慌てて警察署に駆け込むと…!

とある外国人の男性が、京都を観光していたときのこと。

ふと気がつくと、10万円以上もの大金を入れていた財布が見当たりません。

どうやら、どこかで落としてしまったようです。

 
大慌てで最寄りの警察署に駆け込むと…

財布は既に別の警察署に届けられ、保管されているといいます。

 
男性は地下鉄に飛び乗り、指示された場所へ。

 
紛失したと思われる時刻からおおよそ4時間後、財布は彼の手元に戻ってきました。

 
そして、恐る恐る中身を確認してみると…

 
あった!

諦めていたお金が、1枚も盗られることなく戻ってきたのです!!

 
警官と握手を交わす男性。

彼は今回の出来事について、「日本人はなんて正直者なんだ!」とのコメントを残していました。

関連:国王が逝去した日。タイ人パイロットの悲しみを癒やしたのは、「2人の日本人」だった

 
ネットの反応

●ボクが日本の銭湯で20万円近くするカメラを忘れてしまったときも、1時間後、ちゃんと警察に届けられていたよ。

●日本人は世界で最も親切だね。とても凄いことだと思うし、ボクたちも見習わないといけない。

●福島で電車を待っていたら、25秒遅れた。2人の駅員さんが謝ってくれた。

●ぜひとも日本に行きたくなったよ!

 
男性にとって、旅行が悲しい思い出とならず何よりです。

お金をきちんと届けてくれた方へ、同じ日本人として感謝を伝えたいですね(*´∀`*)

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
 
こちらもオススメ