6人のカメラマンそれぞれに 違う肩書きを伝え1人の男性を撮影してもらった結果…

オーストラリアのCanonが行った実験が話題を呼んでいます。

協力してもらったのは6人のカメラマンたち。全員同じ機材を使い、同じ服装をした1人の男性モデルを撮影したのですが、この男性がどんな人物であるかという点だけは、それぞれに別の情報を与えました。

その情報とは次のようなものです。「大金持ち」「元アルコール依存症」「超能力者」「元犯罪者」「ライフセーバー」「漁師」。これらの情報を得た上で撮影された写真は、どのような仕上がりを見せてくれるのでしょうか。

 
その結果、全く違う6人の人物が出来上がりました!

それぞれの肩書きと仕上がった写真は次の通りです。

「大金持ち」
canon5_R

 
「元アルコール依存症」
canon4_R

 
「超能力者」
canon8_R

 
「元犯罪者」
canon6_R

 
「漁師」
canon3_R

 
「ライフセーバー」
canon7_R

同じ服を着た同じ人物の写真ですが、写真によって性格が全く異なって見えます。

そして、そこから受けるイメージは、私たちの持つそれぞれの職業のイメージにぴったりとマッチしています。

 
撮影が終わると、6人を集めて種明かしをすることに。
canon2_R

 
「全くの別人みたい…」他のカメラマンによる写真を見て、自分がイメージした人物と違うことに驚きを隠せない6人。
canon1_R

 
同じ被写体であっても、光の使い方、アングル、構成によって、全然違います。
canon9_R

 
6人いれば6通りの思考や感覚があり、同じカメラを通しても誰1人として全く同じものができあがることはありません。

写真は、カメラを構えるカメラマン独自の視点が捉え、それぞれの想いで切り取ったアートであると言えます。というのがこの実験の趣旨なのですが、それと同時に、情報は私たちのイメージを大きく支配するということも良く分かります。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ