『中3の授業で…』 ある男性が「多数決の恐さ」を知ったエピソード

はやお(@utokyo_teaparty)さんが投稿した、『多数決』を巡るエピソードに注目が集まっています。

 
なるほど…!(((;゚Д゚)))

少数意見への配慮

たしかに、その状況はつらすぎます!

 
皆の権利を守るために求められるのは、母数の大小を問わず「0か100か」の決定に終始しない姿勢です。

議論の大切さを改めて思い知らされる一幕ですね。

関連:学校に通う娘が、問題を抱える生徒の「お世話係」に任命された結果…

みんなの反応

●かわいそう過ぎる…

●それ多数決というより数の暴力では…

●生贄…

●科学的にあり得ないことでも、確実に破滅へ向かうことでも、感情的になった人たちの多数決で決まっちゃうことがありますしね。民主主義が正しく機能するには参加する全員に充分な教養と情報、そして感情に流されず冷静に考えられる判断力が必要……僕も小中学生のころ何度か痛感しました

 
ハッとするお話に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ