6歳の女の子が「きれいな格好」と「貧しそうな格好」で道端に立つと…大人はどうする?

「外見によって、子どもが大人から受ける扱いはどのように変化するのか?」とある社会実験の結果に、なんとも考えさせられる、という声が集まっています。

この実験を行ったのはユニセフ。ジョージア国の首都・トビリシにて、6歳の子役の女の子・アナノちゃんに協力してもらいました。
anano1_R

 
まずは、キレイな格好で路上に立ったアナノちゃん。
anano2_R

 
街行く大人たちは、アナノちゃんに近寄り「何歳なの?」「近くに住んでるの?」「迷子なの?」と話しかけます。
anano3_R

子どもがひとりで立っているのを見て、みんな心配になっている様子です。

 
次に、アナノちゃんの顔や体にススのような汚れをつけ、貧しい服装で同じく路上に立ってもらうと…(貧しい格好になるのは38秒あたりから)

 
街行く人たちの態度は一変します。

先ほどのように心配して近寄ってくる人は、誰ひとりとしていなくなってしまいました。
anano5_R

 
実験は進みます。

次はレストランにて。先ほどと同じように、まずはキレイな服装のアナノちゃんが、食事中のテーブルへ近づきます。

すると、大人たちは嫌な顔ひとつせず、スキンシップを取ろうとしたり、
anano6_R

 
お金を渡す人までいました。
anano7_R

 
そこでアナノちゃんを呼び戻し、貧しそうな外見に変えると・・・

大人たちはほとんど無視。
anano9_R

 
それどころか、一人の男性に近づいて行った際には、店員を呼ばれ「この子を店の外に連れて行ってくれないか?」と言われてしまいました。
anano8_R

 
アナノちゃんは役を演じていただけですが、あまりにひどい扱いに思わず泣き出し、店の外へと走り出してしまいます。

ここで実験は中止。

スポンサードリンク

 

「顔がススまみれで、服が汚れていたから、悲しくなったの。何故かわからないけど、みんなにあっちへ行けと言われた」

anano10_R

 
貧しい外見のアナノちゃんに対する人々の反応は、とてもリアルです。

一般的に考えて、究極に助けが必要なのはボロボロの格好をした子どものほうなのに…。実際に、そんな子どもたちが世界中にたくさんいることを考えると、胸が苦しくなります。

 
「あなたが関心を持つことで物事は変化し始める」

一人ひとりの認識が変わることで、辛い思いをしている子どもたちも少しずつ減っていく。動画の最後に流れるメッセージには、ユニセフの強い願いが込められていました。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]