下手な文字のケーキを受け取った女性。ほんの少しの思いやりが みんなを笑顔に!

Facebookに投稿された『1枚のケーキの写真』と、それにまつわるエピソードが話題になっています。

米ミシガン州。マイヤーという大型スーパーで買い物をしていたリサさん。ケーキを1つ選ぶと、誕生日用のメッセージを入れてもらうため、ベーカリーセクションの店員に声をかけました。

かなりの時間が経った後、リサさんにメッセージ入りのケーキを渡した店員。リサさんは、特にケーキの状態を見ることなく受け取り、「ありがとう」と伝えました。

 
そして、レジに向かいながら受け取ったケーキを見てみると…

ビックリ!
12313683_10207770848646560_8252582049423874522_n_R

お世辞にも上手いとは言えないような出来栄えに、思わず苦笑いしてしまったリサさん。

でも、見かけが悪くても関係ないし、「みんなが笑ってくれればそれでいいや」と思ったそうです。

 
そして会計に並ぶと、レジ係の反応はそれとは違うものでした。

文字に気付いたレジ係が、急いで他のスタッフや店長を呼び集め、すぐにケーキの交換や値下げが提案されたのです。

しかし、ベーカリーの店員が怒られるのが気がかりになったリサさんは、柔らかにそれを断りました。

 
するとそのとき、1人の店員がリサさんの肩にそっと手を置き、こう言ったのです。

これを描いた女の子は自閉症なの。彼女が描いたケーキを見ても、笑顔でありがとうって言ってくれてありがとう。

彼女はケーキにメッセージを描いてはいけなかったんだけど、きっとあなたの行動が彼女の1日を幸せなものにしてくれたわ。

スポンサードリンク

 
このお話がFacebookに投稿されると瞬く間に広がり、多くの賞賛コメントが寄せられました。

●このお話を聞いたとき、じ~んと温かい気持ちになれたよ。
●親切でいることの素敵さを気付かせてくれる、素晴らしいお話だったよ。
●みんなにとってのいい教訓だね。私たちは、ときどき自分のことで頭がいっぱいになって、他人が必要としていることを考えられないときがあるから。

ちなみに、投稿のあった次の日、メッセージを書いてくれた店員のことが気になったリサさんは、再度スーパーを訪れたそうです。店長によると、「彼女は、ただお客さんが必要としていることに答えようとしただけ」ということで、特に問題にはならなかったそうです。

この世知辛い世の中で、常に「いい人」であるということは簡単なことではありませんが、出来る限りは「いい人」でありたい。そう思わせてくれるような素敵なエピソードでした。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]