外国人観光客向けに開発されたステッカー…隠されたヒミツに大絶賛の声!

まずはこちらの画像をご覧ください!
ph1

浮世絵をモチーフにした、日本独特のタッチの絵です。

こちらはタトゥーステッカーの絵柄。外国人向けのお土産として確かに喜ばれそうですが、タトゥーステッカーである必要性って…!?と少し思ってしまいますよね。

しかし、このタトゥーステッカーには”あるヒミツ”が隠されています。



実は、そばアレルギーチェッカーなのです!

 
日本人にとって「そばアレルギー」はごく一般的なものですが、外国人にはまだまだ認知されていない状況なのだとか。そばアレルギーの方がそばを食べると、喘息や呼吸困難などのアレルギー症状を引き起こし、最悪の場合死に至るケースもあります。

無形文化財に登録された「和食」人気が高まる中、タトゥーステッカーによるパッチテストで予防策が行なわれている、ということなのです。

 
絵柄はこんな感じ。
d18208-1-526623-7 (1)_R
ph2
ph3
ph4

 
使い方はこのタトゥーシールを腕に貼り、上から蕎麦湯をかけるだけ。

アレルギーがあると、赤い部分が浮き出してくるとのことです。

アレルギー反応が出ていない状態

 
アレルギー反応が出た状態

なんとも粋なアイデアです!

 
Twitterユーザーの反応は…

 
そばアレルギーチェッカーとしてわかりやすいですし、何よりもそばを食べられない外国人にとっての危険を防ぎつつ、さらに模様が出たことも嬉しいと感じてもらえそうです。

ぜひ広まってほしいですね!

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ