自宅と病院を往復するだけの毎日を送る医師は、ある光景を見て…

おすすめ記事

コロナ禍での生活について…

ほの@田舎の産婦人科医(@ahono_obgy)さんは、自身の思いを投稿しました。

なるほど…。

心がすり減る毎日

患者の命を救うため日々尽力し、自らの行動にも細心の注意を払っている医療従事者の方々。

コロナ禍にもかかわらず出歩いている人を見て虚しい気持ちになるのも、無理はありません。

一部の人の身勝手な行動で、多くの人の我慢が無駄になってしまいます。

感染拡大を食い止めるためにも、今一度気を引き締めていただきたいですね。

関連:都心で暮らす我が子が自宅療養中に悪化して…親はある決断をした

みんなの反応

●わかかります…。テーマパーク帰りの集団を見て同じ気持ちになりました…

●本当に… 悲しいけれど、そういう人々が無自覚に感染拡大させているのが容易に想像できるだけにやるせない気持ちにはなります

●気持ちわかりすぎます…。通勤路にお洒落なカフェがあって、いつも満席なんですよね…。毎日帰宅するときに虚無になります

●私も全部キャンセルして、なんなら家族にも付き合って貰ってるのに…。なんか、心が限界になりつつあります

悩ましい現状に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ