セラピー犬として警察署に配属されたラブラドールレトリーバー。しかし、その任命式で…可愛すぎる「失態」を犯してしまう!

ラブラドール・レトリーバー犬のブローディは、生後三か月の警察犬。

 
イギリス・ブリストルの警察署に新しく配属され、セラピー犬の役職についた彼ですが…

その任命式で、たいへん可愛らしい“失態”を犯してしまいました。

子犬なので…

開式は月曜日の朝。

多くの働く人々にとって、まだエンジンが掛かっていない時間帯ですが…

 
ブローディも例外ではなかったようで、なんと式中に机の上ですやすやと眠り始めます(;∀; )

 
部屋中に響き渡る寝息と、クスクスという忍び笑い。

その後も、目を覚ますどころか、より快適な寝相を求めて机の上をゴロゴロし…

完全におやすみモードだったのだとか。

 
よりによって、この任命式はFacebookでライブストリーミング配信されていたため…

彼の『サボりっぷり』が、世界中へと拡散。

 
愛嬌たっぷり居眠りの様子を収めた動画は、25万回以上も再生されてしまいました(笑)

関連:隣の部屋にオモチャを投げ、ラブラドールが探しに行っている隙に…飼い主が『ちょっぴり雑な隠れんぼ』を挑んだ結果!?

みんなの反応

●可愛すぎる…!

●この動画を見たおかげで、素晴らしい一日を迎えられそう!

●警察犬とはいえ、まだ子どもだしな。たくさん食べて、たくさん遊んで、たくさん寝てほしい

●ウチも子犬を飼ってたことあるんだけど、病院の診察中にお昼寝しちゃったことあったわ

●とても癒されました。セラピー犬としての適性はバッチリだね

 
申し訳ない…といった表情にまたホッコリ。

ぐっすり休んだ分も、これから頑張ってくれるに違いありませんね( *´艸`)

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ