土砂降りの中、段ボール箱から見つかった母猫と3匹の子猫は…『快適な子育て環境』を与えられ、新たな生活を歩みだした!

ある土砂降りの日、米ウェストバージニアの保護団体が、施設に犬と猫を引き取りに向かいました。

その際、ふとメンバーの1人が施設の前に置き去りにされた段ボール箱を目にします。

 
気になって、中を調べてみると…

 
なんとそこには、全身ずぶ濡れの母猫と3匹の子猫の姿が!

どのくらいそこに置かれていたのかわかりませんが…

子猫たちは母猫にぴったりと寄り添って、身体を温めていました。

 
彼女は我が子を守るため、できる限りのことをしていた様子。

 
メンバーたちは親子の身体を乾かすと、大きなキャリーへと移し施設へと連れ帰りました。

快適な環境で…

その後、預かりボランティアのサラさんの元へと引き取られた猫の家族。

 
みんなで一緒に過ごせる、広くて快適なサークルを用意してもらいました。

 
子猫たちは、暖かいふかふかのベッドを気に入り…

 
そのまま眠りに落ちてしまいます。

 
もう冷たい雨に打たれることも、お腹を空かせてさまようこともありません。

関連:母猫の温もりを求めて泣き続けていた3匹の子猫。里親の愛情を一身に受けて「立派な甘えん坊」へと大成長!

すくすく育って…

3匹の子猫たちは、パンダ、チェダー、ベルヴィータと名付けられ、やがて順調に回復を遂げていきました。

 
母の愛が繋ぎ止めた小さな命。

 
彼ら全員に、これからたくさんの幸せが訪れることを願ってやみません。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ