【子猫】 背骨と肋骨が折れ、後ろ足がマヒしてしまった子猫。それでも10週間後…彼女は、『奇跡の変身』を遂げた!!

アメリカ・ニューヨークの歩道で保護された生後6週の子猫・ソフィー。

とても小さく、体を動かすこともできない状態だった彼女は、保護団体The Kitty Krusadeの創設者・ケリーさんに引き取られました。

 
診察の結果、折れた背骨と肋骨がが脊髄まで押し込まれていたため、後ろ足に麻痺を起こしていることが判明。

しかし、そんな大変な病状にも関わらず…

 
ソフィーは喉を鳴らしたり、おもちゃをふみふみしたり、とてもおりこうさんにしていたのだとか。

いつもご機嫌

再び歩けるようになるためには大変な手術が必要なため、まずはしっかりと体力をつけることになりました。

痛み止め、抗生物質、ストロイド…

いくつもの薬を飲まなければなりませんでしたが、彼女は懸命に乗り切ります。

 
さらに術後は、手作りのスリングで休むことなくリハビリに励みました。

始めは色々なエクササイズで後ろ足を鍛え、それからは毎日歩いたり、登ったり…

他の子猫たちの自然な動きを真似する練習をしているんです。

 
そして、手術から6週間後…

遂に待望の日が訪れます。

彼女が、初めて自力で1歩を踏み出したんです。

関連:【子猫】ひどい怪我のために手術を受け、3本足になった子猫は…優しい「おじいちゃん猫」から大切なことを教わった

信じた果てに

それからは、どんどんできることが増えていき…

10週を迎える頃には、部屋を走り回り、他の子猫と遊べるまでに回復を遂げました。

 
やがて、まるで麻痺があったことなど嘘のように、高い椅子にも登り始めます。

自分が障害を負っていることに…

彼女は引け目を感じていませんでした。

 
その後、必要な準備を整え、めでたく生涯のお家へと旅立って行ったソフィー。

 
決して諦めず、いつも前向きに進み続けた彼女は、これからもたくさんの人々に希望を与えることでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ