【子猫】 生後わずか1日の子猫を保護した女性。成長したら手放すつもりだったのに、いつのまにか大切な存在になっていて…

とある食料品店の前で、独りぼっちの幼い子猫が発見されました。

 
生後わずか1日の赤ちゃんで、まだ目も開いていません。

 
あたりに母猫の姿はなく、そのまま放っておけば命が危ない…。

海外掲示板ImgurのユーザーCaliCatlady101さんは、彼に救いの手を差し伸べようと決心します。

人間のお母さん

生まれたばかりの子猫を育てるのは、とても難しいことだと分かっていました。

けれども、価値のある行いだ、とも思ったんです。

彼は、今まで出会ってきた子猫たちの中でも、群を抜いてカワイイ子でしたね。

 
CaliCatlady101さんは、保護した子猫を自分の心臓の近くで抱いてあげました。

こうすることで、赤ちゃんはぐっすりと安心して眠ることができるのだとか。

 
お腹いっぱいにご飯を食べさせてもらったこともあって、とても幸せそうな寝顔です。

 
救助されてから数日後には、両目も無事に開きます。

動物病院に緊急搬送されることもありましたが、おおむね順調に成長を重ねていきました。

 
名前はオーリーに決定。

とても甘えん坊で、自分を助けてくれたお母さんにしがみつき、どこへ行くにもついてくるのだとか。

 
やがて身体が大きく成長しても、その性格はかわりません。

シャツの中に入れないくらいに身体が大きくなったら…

今度は肩の上に座ってくるようになったんです。

 
CaliCatlady101さんが足の手術に臨んだときも、ぴったりと寄り添ってくれていたそう。

きっと、自分を助けてくれたお母さんに恩返しがしたかったのでしょう。

関連:【子猫】 救急医療に従事する男性が、排水溝に落ちた子猫を救出。初めは怯えていたが、助けてもらったことを理解すると…?

大切な家族

最初は、十分に成長するのを待ってから、殺処分のないアニマルシェルターに預ける予定だったんです。

けれど、ほんの数ヶ月のうちに、オーリーは私にとって欠かせない存在になっていました。

彼はもう、家族の一員だったんです。

 
こうして、素敵な「生涯の居場所」を手に入れたオーリー。

優しいお母さんに拾ってもらえたことは、彼にとっても最高の幸運だったに違いありません(*´∀`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ