【子猫】 3mも積み上がったゴミ山から救出された子猫。発達障害を患いながらも…やがて彼女は、立派な『肩乗り猫』に成長した

アメリカ・ラスベガスにおいて、多頭飼育を行っていた家から実に69匹もの猫を保護した活動家のニッキーさん夫妻。

現場は荒れ果て、捜索中に3匹の子猫が死体で発見されるなど、大変凄惨な状態でした。

 
ニッキーさんの夫は、3メートル近く積まれたゴミの山をまるでサーフィンするようにかき分け…

数時間をかけて、生き残った子猫・ジョリーを救出したと言います。

ママの直感

ジョリーは痩せており、他の子猫のように遊びません。

 
数週間経っても一向に体重が増えないため、2件の病院を訪れましたが…

獣医からは、「大丈夫」と言われるだけでした。

 
それでも直感的に「何かがおかしい」と感じていたニッキーさんが、3人目の獣医に相談すると…

ようやく、発達障害を患っていたことが判明します。

保護する前はひどい環境で暮らしていたため、最も大切な時期に、必要な栄養素が足りなかったようです。

 
まもなく病院で消化酵素やビタミンの投与を受け、元気を取り戻し始めたジョリー。

 
やがて、すくすくと大きくなったジョリーは、肩に乗るのが大好きな甘えん坊の猫へと成長しました。

ゴミ山を必死でかき分けて助けてくれたから…

夫のことは、特にお気に入りみたい。

 
4ヶ月を迎えると、体重は遂に1キロを越し…

無事に、「生涯のお家」も決まったそう。

関連:【子猫】ゴミ箱の中で助けを求めて鳴いていた小さな子猫。弱り切っていた彼の命は、心優しい人々のケアで繋げられた!

肩乗り猫

寂しくなりますが…

彼女がここまで来られたことは、本当にうれしいですね。

 
過酷な環境を、何とか生き抜いた子猫。

 
辛い経験の分まで、幸せに暮らしていくことを願ってやみません。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ