【子猫】ゴミ箱の中で助けを求めて鳴いていた小さな子猫。弱り切っていた彼の命は、心優しい人々のケアで繋げられた!

ある日、会社の外で猫が鳴いているのに気づいた男性。

声の主を探しに行くと…

建物の裏にあるゴミ箱の中で助けを求める、小さな子猫を見つけました。

 
抱き上げるなり、彼は男性の手にしがみついてきたそう。

ケアのおかげで…

保護団体「Agape Fosters」に協力を求めると、幸いすぐに受け入れを決めてくれました。

 
ひとまず子猫を家に連れ帰った彼は、引き渡しまでの間ミルクをあげることに。

 
そのおかげもあって、施設スタッフのダイアンさんが迎えに来る頃には、状態もだいぶ安定していたと言います。

私たちの元へ来るまで、素晴らしい家族がケアをしてくれたんです。

 
その後、オブライエンと名付けられた子猫は、数日施設で過ごしたのち預かりボランティアの元へ。

 
生後3-4週を迎えると、ミルクを卒業して柔らかいご飯を食べる練習も始まりました。

 

この大きな世界のベッドの上では、彼はとても小さく儚く見えるんです。

 
優しいママの元で愛情をたっぷり受けながら、オブライエンはすくすくと育っていきました。

関連:【子猫】 独りぼっちの子猫にであった女性。一時的な保護のはずが、いつのまにか「本当の家族」になっていて…

家族のもとへ

やがて準備が整い、めでたく生涯のお家へと旅立っていたオブライエン。

 
辛い環境を生き延びた小さな子猫に、これからたくさんの幸せが訪れることを心から願います。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ