【子猫】重い感染症を引き起こすウィルスに感染した子猫。24時間体制で愛情たっぷりのケアを受けて…見事病気に打ち勝った!

路上をさまよっていたところを保護された、1匹の小さな野良猫。

彼女は動物レスキュー団体「Shuswap Paws Rescue Society」の創設者であるバーバラさんに引き取られ、シルバーと名づけられました。

甘えん坊な子猫は、わたしたちにキスと抱っこをせがみました。

スキンシップをしていると、落ち着くみたいです。

献身的な看護の末に

ところが数日後、突然シルバーの体調が悪化。

どうやら、重い感染症を引き起こすカリシウィルスに感染していたようで…

動物病院を行き来する日々が続きました。

 
免疫力強化のサプリメントを与え、しっかりと水分補給をさせて…

加えて、愛情が伝わるように、しっかりと抱きしめ続けてあげたのだとか。

看病のために、何日も眠れない夜が続きました。

でも、シルバーのためなら、どんな苦労もまったく苦になりません。

 
具合が悪いときでも、パパとママに抱っこされると安心するようで…

彼らの首や肩のあたりでうずくまり、嬉しそうにのどをゴロゴロ鳴らしながら、モミモミしはじめます。

 
やがて自分でご飯が食べられるようになった子猫は、少しずつ元気を取り戻していきました。

関連:発育不全により病弱に育ってしまった子猫。似た境遇の先輩猫を紹介されると…あっという間に打ち解けて、奇跡的な成長を遂げた!

未来を掴んだ

こうしてすっかり快復した彼女は、部屋の中を走り回ったり遊んだりと大忙し。

 
やがて、無事に「生涯のお家」も見つかりました。

 
優しい人たちの尽力で、すばらしい未来を掴むことができたシルバー。

この先もずっと、愛にあふれた生活が送れるよう祈っています。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ