【子猫】生まれつき「怒った顔」をしている子猫。大病を患って海外で入院するも、家族の愛情深いサポートによって無事完治!

大学卒業後、台湾で猫の同居人を探し始めたクレアさんは…

ちょうどその頃、生後10ヶ月のニャーニャーに出会いました。

 
彼女はケージからふわふわの前足を伸ばして、クレアさんに触ろうとしたのだそう。

その日のうちに、自宅に連れて帰ったんです。

家族みんな、ニャーニャーの虜になってしまいましたよ。

 
子猫も新しいお家が気に入ったようで、すぐに新しい生活へと慣れてくれたといいます。

しかめっ面の子猫

成長するにつれ、ニャーニャーの顔の模様ははっきりしていき…

しかめっ面が彼女のトレードマークになりました。

 
怒ったような顔をしてはいますが、性格はとても甘えん坊。

いつも人と一緒にいたがり、ときにはモミモミとマッサージをしてくれます。

 
そうしてみんなに愛されながら、すくすくと大きくなっていったニャーニャーでしたが…

ある時、甲状腺機能亢進症を患ってしまいました。

 
そして治療のため、米オレゴン州にある動物病院に入院することが決まります。

関連:【子猫】生まれつき目が1つしかないけれど…。まるでいつも「ウインク」をしているように見えるキュートな子猫

無事に完治!

クレアさんも仕事を辞めてポートランドに部屋を借り、しばらくはバスに乗って病院に通う日々が続いたものの…

やがてニャーニャーの病気は完治し、無事に台湾に帰ることができました!

 
すばらしい家族に出会うことができ、幸せを掴んだ子猫。

これからもいっぱいの愛情に包まれて、素敵な一生を送っていくことでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ