【子猫】 厳しい環境を生き延びた2匹の子猫。シャイな妹としっかり者のお兄ちゃんは…支え合って美しい猫へと成長を遂げた

ある日のこと。

カナダ・モントリオールのオフィスでパーティーをしていた従業員たちは、外で食べ物を探す2匹の子猫を目撃します。

 
どうやら彼らは、以前から母猫と一緒に目撃されていた兄弟猫のうち、生き残ることができた2匹のようです。

チキンをあげると、1匹の猫はそれを咥えてすぐに茂みの中へと戻って行きました。

寒さと飢えに苦しみながら、子猫2匹で生き延びることはできない。

 
そう考えた従業員たちが地元の保護団体に連絡を取ると、スタッフたちはすぐに保護へ乗り出します。

そして、罠を仕掛けて数日後…

子猫だけでなく、なんと母猫も一緒に捕獲に成功。

 
母猫は地元のレスキューグループに、子猫たちは保護団体Chatons Orphelins Montrealに引き取られることになりました。

怯える子猫たちは決して離れず、ずっと互いに慰め合っており…

彼らをケアを担当するナディアさんは、ご飯を食べて眠れるよう、暖かく静かな部屋を用意したそうです。

しっかり者のお兄ちゃん、シャイな妹

それぞれにシャマロウ、マサラと名付けられた2匹は、とても恥ずかしがり屋でした。

 
病院で必要な治療を受けた後は、揃って預かりボランティアの元へ。

 
お兄ちゃんのシャマロウは、勇気があり、恥ずかしがり屋の妹を守ろうとしていたのだとか。

彼らはブランケットの中に隠れて寝るのが大好き。

人間にも、だんだん興味が湧き出したみたいです。

 
まだ人前ではすこし緊張してしまうものの、他の猫の前ではリラックスして過ごせるようになりました。

 
そうして、『先輩』たちから自身の持ち方を学んだ後は…

一緒に遊び、いたずらっ子な一面も見せるようになってくれたと言います。

関連:【子猫】 母猫とはぐれてしまった2匹の子猫。ヤンチャな姉とシャイな弟は…やがて、ともに飼い猫としての幸せを手に入れた!

ずっと一緒に

その後も預かりボランティアの元ですくすく育った彼らは…

準備が整うと、一緒に「生涯のお家」へと旅立っていきました。

 
支え合って生き延びたシャマロウとマサラ。

 
これからも仲良く寄り添って、楽しい思い出を紡いでいくことでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ