病気で頭が傾く子猫。そのハンデも、やがて愛らしい個性となった

米ロサンゼルスの保護施設へと連れてこられた生後9ヵ月の子猫。

ルーシーと名付けられた彼女の健康状態は、とても酷いものでした。

 
脚は手術が必要なほどに負傷しており、風邪の症状も悪化していて…

さらには耳の感染症の影響で、頭が傾いたままになってしまっていたのです。

健康までの道のり

ルーシーを引き取った保護団体のジェニファーさんによると…

獣医には、「感染症はとても重い」と言われました。

内耳まで傷つけてしまっていて、頭が傾いてしまうのもこれが原因だったようです。

 
しかし、そのころから甘え好きでやんちゃな性格を覗かせていたというルーシーは…

治療中も、誰かに構ってもらおうと一生懸命だったそうです。

 
オフィスに迎えられた後も、やりたい放題が止まりません。

ジェニファーさんのデスクチェアは、そんな彼女にいつも占領されているのだとか。

デスクの下は、子猫の一番のお気に入りの場所でしたね。

遊び場にもなるし、そのまま眠ってしまうことも出来るので。

関連:脳の障害によって歩くたびにフラつく子猫。その「個性」は、やがて幸運を招いた

ひとつの個性

数ヶ月にわたる治療を経て、なんとか健康を取り戻したルーシー。

頭が傾いてしまう症状が残ってしまったものの、本人はまったく気にしていないようです。

普段の生活においても、特に不都合はないみたいです。

首を傾げているみたいで、可愛いですよね。

 
人懐っこくて明るい性格のルーシーにとっては、ハンディキャップも魅力的な個性のひとつに過ぎません。

その愛らしさでたくさんの人々を魅了しながら…彼女はこれからも、幸せな日々を送っていくことでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ