【子猫】 カップルが暮らす家にやってきた、母猫と2匹の子猫。やがて起こった悲劇を乗り越えて、さらに『新たな命』が生まれた

ハワイで暮らしていたカリスタさんの家に、3匹の猫の親子がやってきました。

 
彼らは非常に憶病な性格で、初めのうちは誰も近くに寄せ付けようとしなかったそうですが…

数週間ほど経つ頃には、カリスタさんにすっかり心を許してくれていたといいます。

悲しい報せ

そのうち、ハニーと名付けられた母猫は…

生後3週間ほどの子猫2匹を育てながら、さらに新たな命を身ごもっていました。

 
自宅で彼らを引き取るべきか、悩むカリスタさんと恋人のネイサンさん。

そんな折に、悲しい出来事が起きてしまいます。

ある夜、家に帰ってきた彼が、子猫のうち1匹が亡くなっているのを見つけました。

車に轢かれてしまったんです。

 
2人は、この件でたいそう心を痛め…

翌朝、残りの2匹を自宅で引き取ることに決めました。

 
それから数週間後、ハニーはカリスタさんたちの寝室の床で、4匹の元気な赤ちゃんを出産。

 
子猫のピッパは、彼女の母親と小さな兄弟たちを守るように、側で見守っていました。

 
母猫となったハニーは、赤ちゃんたちのお世話に大忙し。

ミルクを飲ませたり、身体を綺麗にしてあげたり…

 
あまりの忙しさに、授乳の最中に寝てしまうこともあったそう。

 
そんな働き者のお母さんに育てられて、4匹の子猫たちはぐんぐんと大きくなっていきました。

関連:【子猫】 「最後の1匹」として、ケージの隅で丸くなっていた子猫は…やがて飼い主と「運命的な出会い」を果たした!

それぞれの幸せ

やがて十分に大きくなった子猫たちは、カリスタさんの近しい友人や家族に、飼い猫として引き取られていきました。

もちろん、ハニーとピッパは引き続きカリスタさんの家で暮らしています。

 
野良で暮らしていた頃は、過酷な生活で痩せ細っていたハニーも…

たくさんのご飯と愛情を与えられる生活で、すっかり健康的な体つきになりました。

優しい人間のお母さんに巡り会うことが出来て、本当に良かったですね。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ