【子猫】 生まれつきの形成不全で、安楽死を勧められた子猫。それでも見捨てなかった飼い主は…やがて「奇跡の医師」に出会う

イギリスで子猫の保護を行っている施設に、3匹の子猫の兄弟がやってきます。

 
彼らは生後8週間ほどの幼さで、ひどい栄養失調に陥っていました。

さらに、3匹とも染色体異常をもって生まれており…

 
特にバギーと名付けられた子猫は、他の2匹と比べても、酷い状態だったといいます。

一縷の望み

バギーの目は通常よりも大きく、またアゴが歪んでおり、他の子猫のように口を上手く開くことが出来ません。

 
施設でボランティアを行っていたクレアさんは、そんなバギーを引き取りたいと申し出ますが…

 
まもなく、さらに残酷な真実が明らかになります。

バギーは、お尻と後ろ脚の全ての関節に形成不全を起こしていました。

獣医の先生は、「1歳の誕生日を迎える前に、安楽死させてあげるべきだ」、と。

彼の状態はやがてどんどん悪化していき、歩けないどころか、たいへんな苦痛を伴うことになる、と説明されたんです。

 
それでも、クレアさんの決意はゆるぎませんでした。

もし長生きさせてあげられなくても、せめて数ヶ月の間だけでも、彼のために家を用意してあげたかった。

そして、たくさんの愛情を与えてあげたかったんです。

 
彼女は愛猫のため、あらゆる手を尽くしますが…

獣医の先生の言葉通り、バギーの足は悪化し続けていきました。

 
そんな折、クレアさんはふと、獣医師であるノエル・フィッツパトリック氏のことを思い出します。

彼には、神経や整形外科的な問題に悩まされる多くの動物たちを、奇跡のような手術で救ってきた実績がありました。

 
長い旅路を経て、クレアさんはノエル医師に会いに行きました。

そして…

 
バギーの状態を診たノエル医師は、手術で助けることができる、と判断したのです。

関連:【子猫】 「最後の1匹」として、ケージの隅で丸くなっていた子猫は…やがて飼い主と「運命的な出会い」を果たした!

2人の恩人

手術は無事に成功。

1歳の誕生日を迎えられない、とさえ言われていたバギーですが…

ノエル医師は、通常の猫と同じくらいに長生きできるかもしれない、とクレアさんに伝えます。

 
やがて3歳になったバギーは、すっかり元気に成長を遂げました。

他の猫たちと同じように、走り回ったり、ジャンプしたりしているそうです。

 
か弱い命を見捨てなかったクレアさんと、切なる願いを現実に変えたノエル医師。

2人の恩人と出会えた運命に、バギーもきっと、心から感謝していることでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ