心の支えだった愛犬のピットブルが失踪。それから一ヶ月後、失意の飼い主が監視カメラを見たら…

ピットブル犬のハデスが最後に目撃されたのは、とある秋の早朝のこと。

自宅の前を通りがかった他の犬を追いかけて、扉から出て行ってしまい…

それから何日もの間、戻ってくることは一度としてありませんでした。

必要な存在

飼い主のジェフさんは、かつて軍人として国のために働いていましたが…

過酷な業務が祟ってか、夜になってもなかなか寝付けなくなってしまいます。

そんな彼にとって、愛犬の存在は大きな心の支えでした。

彼は、私の経験しているものを、ちゃんと理解しているようでした。

分かっているうえで、ただ傍に居てくれたんです。

彼がいなくなって、私の世界は空っぽになってしまいました。

そして、失踪からひと月ほどが経ち、寒さの厳しい季節が目の前に迫ってきた日。

いつものように、僅かな希望にかけて情報をチェックしていたジェフさんは…

防犯カメラの映像に、見慣れた面影のピットブルが映っているのを発見します。

まもなく、その犬を保護した女性がSNSを通じてジェフさんに連絡を取り



二人は無事に再会を果たしました!

関連:1通の置き手紙を添えて、ピットブルの子犬を施設の前に捨てた少年。その「やるせない理由」を知って…涙があふれた

巡り合わせ

迷子犬の中には、そのまま野良犬となってしまう子や…

飢えや寒さを乗り切れずに、命を落としてしまう子も少なくありません。

ハデスがもとの家へと帰ってこられた奇跡へ、改めて、祝福の拍手を送ります。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ