新郎のため、写真好きな友人が『結婚式撮影』を1万円で快諾したら…

フォトグラファーのnobu@ソニーストア札幌『Fulgente』展示中 (@photograph_rn)さんが投稿した、とある夫妻の「結婚式の写真」をめぐるエピソードに注目が集まっています。

 
これは辛い…!!(;∀; )

技術と責任

高額な依頼料の背景に…

『プロにしかない技術』と、『一生に一度の瞬間を逃さない責任』があることを忘れてはなりませんね。

 
最高の日が最悪の思い出に変わることのないよう、プランは慎重に立てましょう!

関連:新婚夫婦のもとに、見知らぬ人から届いた手紙。読んでみたら…感動!

みんなの反応

●経験無いと事故るやつだ。進行、配置、位置取り、画角、必須カットなど普通に撮ること以外の重要要素が多すぎるので安易に受けると双方にダメージ負う

●以前の職場の後輩ちゃんがまさにこれで、写真見せて貰ったけど軽井沢の素敵なガーデンウエディングだったはずなのに「魔女の森」みたいな色調の写真になってて(顔色とかもかわいそうな感じだった)天気悪かったのを差し引いてもウエディングフォトとは言い難い物だった…写真は一番ケチったらダメ

●よくあるパターンはインスタ凄い写真ばかり(風景)だから撮ってよ!!!カメラやってない人って一眼レフ持ってる人なんでも撮れると思いがちやけど、得意ジャンルってめちゃめちゃあるよね(笑)

●うぅ…!!!やっぱ、式場カメラマンは凄い!

 
心が痛むお話に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました!

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ