母猫の温もりを求めて泣き続けていた3匹の子猫。里親の愛情を一身に受けて「立派な甘えん坊」へと大成長!

同じタイミングで動物保護施設に連れてこられた3匹の子猫。

まだ生まれて間もなく、母猫の温もりを求めて泣き続ける彼らには、24時間体制のケアが必要でした。

 
それを知った里親のアシュリーさんは、彼らを引き取ることに決めます。

3匹の子猫は、スティーブン、カレン、そしてジョージアと名付けられました。

それぞれの奮闘記

引き取ってすぐは、骨と皮しかないほどに痩せ細っていたという子猫たち。

そんな彼らに、つきっきりでお腹が一杯になるまでご飯を食べさせてあげたところ、あっという間に懐いてくれたそうです。

 
しかし、彼らの健康状態は、決して良くはありませんでした。

特にジョージアは、まったく新しい食生活に慣れるために、相当苦労したといいます。

彼らの母親がどこへ行ったのか、最後に食事をしたのはいつなのか。

そういったことも全く分かりません。

小さな子猫は消化器官も弱いので、赤ちゃん用の食事に慣れてもらうのがとても大変でした。

 
3匹の中で一番小柄だったというスティーブンは、体も特別に弱かったといいます。

最初は、この子は生き残れないかもしれない、と思っていました。

それでも数日ほど保育器の中で過ごして、かなり良くなっていきましたね。

 
また子猫たちはいずれも、風邪を患っていました。

母親と離れ離れになった子猫は、免疫系がしっかり機能しないことが多いんです。

夜寝るときは加湿器をつけて、肺の中をキレイにしてあげる必要がありました。

 
アシュリーさんのケアのおかげもあって、少しずつ健康を取り戻していった子猫たち。

優しい人間のお母さんが大好きな彼らは、専用のベッドがあるにも関わらず、必ずアシュリーさんと一緒に寝ようとするのだとか(*´艸`*)

関連:駐車場で拾った「顔がカサブタだらけの子猫」は、とてつもない甘えん坊だった!

みんなのお気に入り

数週間が経ち、固形のご飯が食べられるほどに成長した3匹。

今では、他の子猫も一緒になって、大好きなアシュリーさんに甘えて過ごしているそうです。

 
これからも仲良く、幸せに暮らしていってくれることを願います(*´∀`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ