小柄すぎる野良の子猫は、愛情とご飯をたっぷり与えられて…「見違えるような変身」を遂げた!!

米ラスベガスの動物クリニックに、1匹の子猫が連れてこられました。

独りぼっちで保護された子猫は、脳を損傷しており…

加えて栄養失調と脱水症状に苦しみ、自分の力で頭を起こすことさえ出来なかったといいます。

病に負けず

生後9週間とみられる彼女ですが、身体のサイズは生後3週間の子猫ほどしかありません。

それでも、懸命に生き続けようとする姿を見て…

旦那さんとともに動物クリニックを訪れたアニマルレスキューのダニエルさんは、すっかり心を奪われました。

まもなく動物クリニックからも、「ぜひ里親になってほしい」との要請が。

ダニエルさんは申し出を快諾して、子猫を引き取り…

大きな目が月のように見えることから、ルナと名付けました。

体重が増えていくにつれて、顔のプロポーションは元に戻っていきましたね。

栄養失調の日々を、長いこと送り続けていましたが…

もう二度と、お腹を空かせることはないでしょう。

献身的なケアにより、やがて完全に健康を取り戻したルナは…

子猫らしい、やんちゃな性格を開花させます( *´艸`)

関連:お腹を空かせ、民家に迷い込んだブチ模様の野良の子猫は…やがて飼い猫としての幸せを手に入れた

めでたしめでたし

ダニエルさんのもとで暮らして数か月がたつと、無事に適性なサイズまで成長。

ほどなく飼い主となってくれる方も見つかり…

彼女はめでたく、「生涯の家」へと巣立っていきました。

新居ではたくさんの愛情を注がれ、猫の家族とも仲良くやっているとのこと。

今まで苦労してきた分も…これからは、幸せに暮らしていってほしいですね。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ