病弱だった小さな子猫は、たっぷりの栄養と愛で「大変身」を遂げた!

「Orphan Kitten Club」の創設者・ハンナさんは、地元の保護施設から子猫の兄弟を引き受けました。

ジャンボスライスとディープディッシュと名付けられた2匹は痩せこけており、生後7週にも関わらず平均の半分ほどの体重しかありません。

 
2匹があまりご飯を食べず、施設スタッフの手を焼かせていると聞いていたハンナさんは、子猫用ミルクを用意してみます。

ご飯を食べられる歳になっても、あえてミルクをあげることがあるんです。

とっても良い栄養を摂ることができますから。

 
子猫たちは、お皿に飛び込むようにしてミルクを飲み終えると、続いてご飯も食べ始めてくれたのだとか。

戦う子猫

ハンナさんのパートナーであるアンドリューさんは、健康状態が不安定な子猫たちのために、いつも近くで過ごすことにしているそう。

2匹が体のトラブルと逞しく戦えるように、いつでもたっぷりと愛情を注いでいるんです。

 
特に身体が小さいジャンボには、様々な問題がありました。

ウシガエルのようにお腹が膨らんでしまう食道の異常と…

肺炎を患っていることもわかりました。

 
薬はもちろんのこと、酸素療法や吸入器、マッサージ、栄養療法…

治療のためには、どんなことも試します。

 
そんな2人の想いが通じたのでしょうか。

ジャンボは次第に健康を取り戻していきました。

彼を本当に誇りに思います。

幸せの力が動物を癒すと、心から信じているんです。

関連:レンゲに収まるほど小さい子猫は…やがて「立派な紳士」に変身した!

すくすく育って…

ハンナさんの元へ来て1週間余りで…

ジャンボは、みんなの期待を上回る回復ぶりを見せたそう。

名前の通り、大きく育って…

320gだった体重も、476gまで増えました。

 
子猫を救った優しい人々の尽力へ、大きな拍手を贈ります!(*´∀`*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ