病気で眼球を失った幼い子猫。かつて「同様の経験をした愛猫」と暮らしていた女性に引き取られて、大家族の一員になる!

生後わずか3日の幼さで、野良猫として発見された子猫の姉妹。

 
彼女たちの眼球は、正しく発達しなかったうえに、酷い感染症に侵されており…

動物保護のボランティアに救出された後も、視力が戻ることはありませんでした。

飼い主との出会い

その後、子猫たちは里親の元に預けられます。

最初の数日こそ、生死の境をさまよっていたという2匹。

しかし、昼夜問わずの献身的な看護によって、徐々に生きる力を取り戻していき…

2週間ほど経つ頃には、すっかり健康になっていました。

 
里親の女性は語ります。

目が見えないことを除けば、いたって普通の子猫たちでしたよ。

それに、視覚以外の感覚がとても鋭くて、自在に動き回ることが出来ていたんです。

 
そんな盲目の子猫たちのことを知った、フロリダ州マイアミ在住のブリアンナさんは…

彼女たちの姿に、同様の経験をした愛猫・レモンの面影を見たといいます。

 
「まるで、既にこの世を去ったレモンが巡り合わせてくれたかのようだ」

運命を感じた彼女は、里親から子猫を引き取るために、10時間も車を走らせました。

初めて面と向かった時に、心にこみあげてくるものがありました。

子猫にはライムと名付けましたが、レモンの代わりになってほしい、とかではないんです。

最初に彼女を抱き上げた瞬間、全く違う子猫なんだ、って実感しましたから。

 
ライムは新しいお家でもとても堂々としており、遊ぶのが大好きでした。

まるで全てが見えているかのように振る舞い、ブリアンナさんを追いかけて家中を歩き回るそう。

彼女に隠し事は出来ませんね。

ご飯の缶を開ける音なんかも、注意深く聞きつけるんです。

関連:ケガを負った生後まもない子猫は、新たな仲間との生活で「家族愛」を知った!!

家族に包まれて

なお、ブリアンナさん宅には他にも数匹のペットたちがおり…

彼らの中でも、ライムは先住犬・レッティと非常に仲良しなのだとか。

私がレッティを散歩に連れ出すと、ライムは鳴き止まなくなってしまうんです。

レッティも、外から帰ってきたら、真っ先にライムの元に駆け付けるんですよ。

 
目が見えなくても、家族の暖かさはしっかりと伝わっているようです(*´∀`*)

愛情いっぱいの飼い主とたくさんの仲間に囲まれて、これからも幸せに暮らしていってほしいですね。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ