ともに4年暮らした人間とチンパンジー。別れて18年後、再会した結果

医学の進歩とともに伸び続ける、人間たちの平均寿命。

その陰で…医療技術の安全性を確かめる「動物実験」により、多くの命が失われています。

 
動物行動学研究家として有名なリンダ・コーブナーさんには、実験台になったのち殺処分される寸前だった2頭のチンパンジー、メスのスウィングとオスのスパーキを救った過去がありました。

 
23歳だった彼女は、当初そのまま自然に返すことは不可能だと判断された彼らと、4年間にわたって保護区域で共同生活を送り…

2頭が自分で生きる術を身につけた後で、ひっそりと別れを告げたといいます。

 
それから、18年たったある日。

コーブナーさんと彼らが、再び顔を合わせる機会が訪れました。

 

さすがにもう、自分のことは覚えていないだろう。

 
そう思っていたのですが



ボートから降りてすぐ、2頭のチンパンジーが彼女のもとに駆け寄ってきます。

 
何度も何度も抱きつき…

 
一生懸命囁きかけるように、頭をすり寄せる仕草。

 
そこには、まさしくあの日のままのスウィングとスパーキがいました。

 
種族を超えた絆があふれる再会の様子を、ぜひ動画でご覧ください。

スポンサードリンク

 
もう一度生きる知恵を与えてくれたコーブナーさんは、彼らにとって親も同然だったのでしょう。

 
深く感動するとともに…

我々人間と動物たちとのかかわりあい方について、改めて考えさせられる光景でした。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ