里親の活動を手伝う猫。その大きな愛で、孤独な子猫3匹を包み込む!

まだ子猫だった頃、里親ボランティアのエズギさんに保護されたトラ猫のバンビ。

やがて大人へと成長した彼女は、恩人の活動をサポートするようになりました。

救助された猫というのは、より愛情深い性格になるんです。

もちろん、住みよい環境で、たくさんの愛情を注いであげれば、ですけどね。

彼女は子猫が大好きで、私の仕事を手伝ってくれるんですよ。

 
ある日、そんなバンビのもとに子猫のシルベスターがやってきます。

 
独りぼっちでさまよっていた彼は、救助された後も、はぐれた母親を求めてしばらく鳴いていたそう。

しかし…

バンビに紹介すると、彼女はすぐにシルベスターに寄り添って、毛づくろいを始めました。

2匹の間に絆が生まれるまで、そう長くはかかりませんでしたよ。

3匹の子猫

シルベスターは、まるで本当の母親と接するように、ミルクを求めてバンビのお腹を揉みまわします。

当然、母乳は出せないのですが、そうすることで子猫の不安がまぎれることを、バンビも良く理解しているのでしょう。

 
さて、シルベスターが救出されてから数日後。

バンビのもとに、もう1匹の子猫がやってきます。

 
エズギさん宅の庭に迷い込んでしまった、子猫のジュニア。

母猫とはぐれた不安からか、とても怯えており、恐怖からか鳴き声すらも出せなかったんだそう。

その後、どうやらジュニアには、もう1匹の妹がいるらしいことが分かりました。

ジュニアを私の家に連れてきたのは、近所の子どもたちだったんです。

私は、彼らが連れてきたというもう1匹を探したんですが、なかなか見つけられなくて…

 
ジュニアの片目は感染症に罹っており、治療を必要としていました。

そんな満身創痍の子猫にも、バンビはそっと寄り添って、母性という名の愛情を注いであげます。

 
一方、エズギさんはもう1匹の捜索を続け…

 
3匹目の子猫も、無事に発見。

もちろん、エズギさんの紹介を待たず、バンビは彼女に駆け寄って、やっぱり体を綺麗にしてあげたのだとか。

関連:子猫たちとの対面を心待ちにする犬。そして、ドアが開くと…!?

もう1匹のお母さん

こうしてバンビは、3匹の孤児たちの「新しいお母さん」となりました。

私の仕事といえば、子猫たちにご飯を食べさせてあげるくらいです。

他のことは、全部バンビがやってくれるので。

まるで、本当の母親みたいにね。

 
体を清潔に保ち、常に目を離さずに追いかけ、姿が見えなくなれば大声で呼び…

エズギさん宅の他の猫がちょっかいを出そうとしたなら、体を張って止めに入ります。

 
彼女がいるかぎり、子猫たちに寂しい日々が訪れることはないでしょう。

その愛情と献身に、大きな拍手を贈ります!(*´∀`*)

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ