喋れない母と病院で2時間すごした日。看護助手の『ある一言』に、心が救われた

声優の緒方恵美 (@Megumi_Ogata)さんが、入院したお母さんに付き添っていたときのこと。

思わず感動してしまう出来事があったと言います



 
『声は聞こえてますもんね』

その一言に、親子の心がどれほど救われたことでしょうか。

感謝しかない

『たった一つの気配り』が、どんな治療法より凄まじい効力を発揮することだってあるのかもしれません。

 
患者さん、そしてその家族のケアに、日々あらゆる面から尽力する医療従事者の皆さんへ…

改めて、敬意を表します。

関連:赤ちゃんを看取った日。医師の心を癒やしたのは、1通の「暑中見舞い」だった

みんなの反応

●優しい看護助手さんが来て下さり良かったです! 私も入院経験あります。誰かが話しかけてくれるって本当に嬉しい事。そして祖母が入院していた時、意識はありませんでしたが沢山話しかけました。看護師の方が耳はずっと聴こえてます! と教えてくれました。お母様も温かな時間を過ごして欲しいです

●母が入院して意識がほとんどない状態でも看護師さんは看病したり、声かけをしてくれました。仕事って言われるかもしれないけど、家族がそういった行動にどれだけ救われたことか。緒方さんのツイートが、とても他人事に思えない(泣)

●私の父も同じ様に動けず話せずです。今は自宅で介護をしていますが、入院中に同じ様な経験をした事があります。脳梗塞で寝たきりの父に話しかける時、好きだった音楽をかける時、音楽や声の持つ力を改めて感じます。音ではなく、気持ちが届いていると信じて

●自分が身動き出来ない時に、語りかけてくる声。それがどんなものだろうと、本当に有り難いですね

 
緒方さんと同じような経験を持つ多くのユーザーたちからも、共感と感謝の声が寄せられていました。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ