オフに富士山をハイキングしていた米海兵隊員5人。その途中で、なんと彼らは…



今から約二年前のこと。

在日米軍司令部(USFJ) (@USFJ_J)の公式アカウントが、Twitter上にとある「救出活動」についての報告を投稿しました。

 
休暇で富士山を訪れていた隊員たちは、その日の下山途中、高山病で倒れた女性とそばに寄り添う父親を発見。

 
自分たちの着ていた衣服と持っていた杖を使って簡易の担架を作りあげ…

なんと「わずか20分」で、彼女を6合目にある安全指導センターへと運びこんだといいます!!Σ(゚д゚;)

真のヒーロー

その後、完璧な処置のおかげで…。

 
救助に携わった1人・エムス伍長は、今回の出来事について、「私たちにとって、ごく当たり前のことです」と語りました。

 
海であろうと山であろうと、人々のために全力を尽くす。

彼らは、真のヒーローですね!!(*´∀`*)

関連:『これがアメリカだ』 とある電車で撮影された「日常風景」に、世界から称賛の声

みんなの反応

●体調不良で動けない時に、世界最強の米軍海兵隊がいたら、そりゃもう安心します。ありがとうございました

●ありがとうございます! 3.2キロって人を運ぶには結構な距離ですよね、しかも山道

●さすが海兵隊員だけあってパワーあるわ手際いいわw ありがとう軍人さん!

●登山ではなく、ハイキングというあたりが海兵隊員の体力を物語ってますね

 
素晴らしい対応に、他のユーザーたちからも称賛と感謝の声が沸き起こっていました!

この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ