皆に愛されたスーパーの看板猫。しかしある日、「1本の苦情」がキッカケで…

イギリス・ケンブリッシャー州エリーにあるスーパーマーケット『セインズベリーズ』の人気者、ガーフィールド。

赤毛で人懐っこい9歳の猫です。

 
もともとよその家に暮らしていた彼は、数年前からこの店を第二の我が家のように気に入って以来、ほぼ毎日、店内の様々な場所でお客さんを出迎えてきました。

 
その後、「ミスター・セインズベリー」という愛称で呼ばれ、Facebookファンページも作られるなど、人々からとても可愛がられていましたが…

 
ある日、一本の「苦情」が寄せられます。

店内に併設された旅行会社『ヴァージントラベル』の前にある赤いソファで寝ていたガーフィールドに、小さな女の子がひっかかれたというというのです。

「猫を追い出して」

 
連絡を受けたヴァージントラベルの本社は、猫を店内から追い出すようセインズベリーズに依頼。

ヴァージントラベルの担当者はこう話します。

ガーフィールドも、何か事情があってひっかいたに違いありません。

しかし、人間のお客様の安全が最優先です。

 
こうしてセインズベリーズはガーフィールドの入店を禁じざるを得なくなり…

人々に対して、今後はロビーや駐車場で彼と接するようにしてほしいと発表しました。

 
しかし、「たった一つのクレームで追い出すのはひどすぎる」と、今度は店側に抗議の電話が殺到。

 
こうした状況を受けて、ガーフィールドのファンページの管理者のひとりであるティナ・バッタグリアさんは、次のような投稿をアップしました。

ガーフィールドへの多くのサポートに、ただただ感謝します。

批判的なコメントより、支持的なコメントの方が多かったことが、とても嬉しいです。

 
ひっかかれたり、かまれたりしてしまった人、ごめんなさい。

でも、多くの人が知っている通り、それは猫からの警告なんです。

 
だから、彼が『触ってもいいよ』といったそぶりを見せても、どうかお腹をくすぐらないであげてください。

 
店を訪れる人々がガーフィールドと交流する機会は、以前より少なくなってしまいましたが…

その後も彼のファンページには数多くの写真が投稿されるなど、人気は健在でした。

 
やがて、「ソファが大好きなガーフィールドに、なんとか彼専用のソファを作ってもらえないだろうか?」というお願いが、たくさんの利用客から寄せられます。

 
セインズベリーズのスタッフは返答しました。

私たちにとって、ガーフィールドは今もチームの大切な一員です。

ぜひ作ってあげようと思います。

関連:食べ物もろくに見つからない環境で…母猫は、子猫たちの命を孤独に守り抜いた

ことの結末

 
そして、先日の2019年の7月3日





ガーフィールドは、店の駐車場で交通事故に巻き込まれ、死亡してしまいました。

Fan share Thank you Kat. It's very lovely to see all the love and respect for our little furangel! 💜 *Audrey

Mr Sainsbury's aka Garfieldさんの投稿 2019年7月7日日曜日

 
あまりにも悲劇的な結末に、言葉が出ません。

オーナーのデビッド・ウィラーズさんは…

ガーフィールドは我々の生活に喜びを与えてくれました。

彼が残してくれたものは、これからも生き続けます。

 
今夜、ともに暮らす猫達をいつも以上に抱きしめてあげてください。

そして、どうかガーフィールドのことを思い出してあげてください。

 
動物と人間が共に暮らすことには、やはり難しさも伴います。

今回の出来事は、それを忘れてはならないという戒めなのでしょうか。

胸が苦しくなる、切ないエピソードでした。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ