眼球のない猫に一目惚れして、その体を抱っこしたら…彼の「相棒」が現れた!

ジルさんが、婚約者と一緒に地元の愛護団体を訪ねたときのこと。

 
施設内を見渡していると…

1匹の猫が目に留まりました。

 
彼の名はラッキー・ベア。

出会った時の印象を、ジルさんはこう語っています。

彼には、生まれつき眼球がないけれど…

今まで出会ったどの猫よりも甘えん坊で可愛らしかった。

「相棒」と一緒に

社交的なラッキー・ベアは、「自分は他の猫と違う」なんてこれっぽっちも思っておらず、施設に来た瞬間から、ボランティアスタッフみんなに抱っこをせがんだそう。

 
そして、そんな彼の心強い相棒となっていたのが…

共に施設にやって来た生後4ヶ月の子猫・プンバでした。

 
ジルさんがラッキー・ベアを抱きかかえていると、彼に負けず劣らず甘えん坊なプンバも肩にぴょんと飛び乗り、「僕も置いてかないで」とアピールします!

 
生まれた時からいつも一緒で、互いに支え合って生きてきた2匹。

「彼らを引き離すことなんてできない」と感じたジルさんは、一緒に引き取ることを決意しました。

 
こうしてラッキー・ベアは「ラッキー」、プンバは「チャロン」という別の名前をもらい、新たな人生の一歩を踏み出すこととなったのです。

 
ジルさんの家にやってきて以来、チャロンはラッキーの「目」となり、ぴったりと寄り添って行動しているそう。

彼らは先住猫・ペニーとも、無事に打ち解けました。

チャロンはラッキーをうまく誘導して、あちこち案内してあげているのよ。

2匹とも、うちに来てすぐに馴染んだわ。

関連:過酷な出産を経て…生後8ヶ月の母猫は、『たった1匹の息子』へ今日も愛情を注ぐ

穏やかな暮らし

運命の出会いを経て、素敵な家族を手に入れたラッキーとチャロン。

その表情はとっても幸せそうです。

 
優しい飼い主たちと一緒に…

これからもずっと、楽しい毎日を過ごして欲しいですね(*^ω^*)

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ