母の遺影をもって乗った飛行機。CAの神対応に、涙があふれた

シンガーソングライターのさんは以前、ご自身のブログに、航空会社「スターフライヤー」を利用した際の忘れられないエピソードを投稿しました。

 
その日、機内に搭乗した櫻さんは、手荷物を抱いた状態で席に座っていました。

すると、CAさんから声をかけられ、安全のために離陸の際は手荷物を上の棚か、足元に収納して欲しいと言われたそうです。

 
しかし…櫻さんは少し迷いながらも、答えます。

「すみません…あの、これ母の遺影なので足元にも置きたくなくて…

手でしっかり持ってますので抱えてたらダメでしょうか?」

 
それを聞いたCAさんは、表情をパッと変えて謝罪し、奥へと戻りました。

 
そして、直後に別のCAさんが櫻さんの元に訪れ…

次のような気遣いの言葉を掛けてくれたといいます。

「お客様、この度はお悔やみ申し上げます。

先程は大変失礼なお願いをしてしまって申し訳ありませんでした。

もし宜しければ隣のお席が空いておりますので、お客様にも座席に座って景色をご覧になって頂いてはいかがでしょう?

その際にシートベルトを袋の取手にかけて固定させて頂きますが、もし宜しければ隣でごゆっくりフライトをお楽しみ下さい」

 
CAさんはお母さんの遺影と位牌を、「お客様」として座席に座らせてくれたのです。

遺影にも位牌にもスカーフを巻いて袋に入れていたので気付くはずなんて無かったのに「最初に気付けず、申し訳ありませんでした」と謝っていたCAさんの対応に、思わずジンとして涙がポロポロ溢れた。

途中、飲み物を頂く時も「隣のお客様にも何かお飲み物いかがですか?」と声をかけて下さって、

なんだか本当にお母さんと2人旅をしているような気持ちで、幸せなフライトになりました。

 
櫻さんの心をふんわりと解きほぐした、温かな「おもてなし」。

素晴らしい対応に、こちらまで心が晴れやかになりました(*´ェ`*)

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ