勉強しろと言う先生に…。さかなクンの母親の「子育て方針」が突き抜けていた!

ハコフグの帽子をかぶり、「ギョギョッ!」という口癖で子どもたちから大人気のさかなクン。テレビで見せるコミカルなイメージの一方、東京海洋大名誉博士・客員准教授も務めるなど、魚に関するアカデミックな研究にも日々貢献しています。

そんなさかなクンのお母さんとは、一体どのような方だったのでしょうか。朝日新聞DIGITALが行った彼へのインタビューの中で、母親の子育て方針が明かされました。

sakana_R

さかなクンが、初めて海の生き物に興味を持ったのが、同級生の描いたタコの絵。こんな姿をしているとは…と驚いたさかなクンに母は、なんとタコを丸ごと買ってあげたそうです。

その後、夕食に毎日タコが食べたいとねだるさかなクンに、1ヶ月の間、味を変えながらタコ料理を作ったのだとか!

 
魚と魚の絵に夢中になっていくさかなクンでしたが、一方で学校の成績は良いとは言えない状態だったそうです。

小学校では、授業中も休み時間も魚の絵を描いていた。授業についていけず、家庭訪問で担任に言われた。「絵は素晴らしいけれど、勉強もするようにしてください」。

母は「あの子は魚と絵が好きだからそれでいいんです」。将来本人が困ると言われても、「成績が優秀な子もそうでない子もいていい。みんな一緒ならロボットになっちゃいます」。

「絵の先生に習っては」との提案には「先生のクセがついてしまいます。好きなように描いてほしいのです」と答えた。母の口癖は「命がとられるわけじゃないんだから」。失敗しても大丈夫だと安心できた。

その他のエピソードも紹介されていますので、ぜひ全文を読んでみてください。

 
息子を信頼し、「いいところを思いっきり伸ばす」と決めたお母さん。

多方面で大活躍中のさかなクンですが、そのルーツには、なんとも大らかで愛情にあふれた子育て方針があったようです!

Twitterの反応

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]