学生「歯並び矯正したいけど金がない → 7000円でできた!」 驚きのアイデアとは

「歯並びを矯正したいけれど、お金がない・・・」

そんなとき、米ニュージャージー工科大学デジタルデザイン科を専攻するエイモス・ダドリーさんが思いついたのは・・・
lifebuzz-612ed94338c2d99b5d936ebab5517f69-limit_2000_R

 
3Dプリンターで矯正用器具を作るということ。
lifebuzz-9795215b2dcc4006d64493ef2ea7129e-limit_2000_R

 
まずは大学の設備を利用して、自分の歯のモデルをスキャン&プリント。
lifebuzz-8e578ffc5f83b8f993e9ac5ac2a32707-limit_2000_R
lifebuzz-4201e32d769dad12e1f842864b6abe66-limit_2000_R

 
その後、モデルの周りを人体に無害なプラスチックで覆って型を作ります。

どれだけ歯を動かす必要があるかを測り、理想の形へ歯が移動するように、徐々に型の形を変えていきます。こうして作り出された矯正器具は全部で12個。
lifebuzz-44368b59a32ad4254a27bab85457142e-limit_2000_R

 
こちらは、「インビザライン」と呼ばれる歯科矯正方法で、透明のマウスピースのようなものを歯に取り付けて矯正します。
lifebuzz-b3f032b7a6b4b9bf9a1dd54ff4cce3eb-limit_2000_R

ワイヤーを取り付けないので痛みがなく、手入れも簡単。なにより、他人が気付かないほどの自然な見た目が維持できるのです。ただし、歯科医師に頼むと平均90~100万程度とかなり高額。学生にとってはなかなか手が出しづらいものです。

しかし、今回プリント代金込みで掛かった費用は、なんと60ドル(日本円にして約7000円)! 費やした時間は16週間ほどだったそうです!

スポンサードリンク

 
もちろん、どれだけ歯を動かす必要があるか、きれいな直線にするにはどうしたらいいかなど、知識が少ない分調べることも多かったでしょう。

けれどもその結果は、実に素晴らしいものでした。
lifebuzz-c345205c6d0e4951f3aeef397150fd6c-limit_2000_R

お金が無くてもアイデアさえあれば何でもできる! そんな希望を与えてくれる3Dプリンターの技術のすごさに、また驚かされてしまいました。

スポンサードリンク
               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]
あなたにオススメ [PR]