『プロなら簡単な作業』と決めつける客へ…あるデザイナーが納得の一言!

安永周平🔥火滅の会社 二代目 (@Shuhei_kotobuki)さんは先日、デザイナーをしている友人との会話の中でこんなことを感じたそう。

仰るとおり…!!

相手も客を選ぶ

知識なく無茶な要望ばかりを押しつける行為は、対等な商談とは言えません。

良い仕事をしてもらうためには、相手にとっても『良いお客さん』であるべきですね!

関連:人事『1人の採用に100万かかります』 その言葉を聞いて感じた思いは…

みんなの反応

●費用対効果の悪しき実用例ですね。プロは高い費用対効果を生み出すために、そのレベルまで腕を磨いているわけで。素人考えの雑な仕事と比べてはいけない

●未だに客側は神とかいう考え方の人がいるのかは知らないけど、客側と店側は対等だよ。物々交換とかと同じで金とモノのやり取りしてるんだからどっちが上とかない。それを理解できない人は一生良い仕事をしてもらえる人には会えないと思う

●「(あなた程度のものなら確かに30分もかからないけど、)僕はデザイナーなんで(プロの出来映えのものを)作るのに2週間かけますよ」という意味ですよね。きっと

●自分で絵とか取り組んでみると分かるけど、上達するごとに時間をかけるべき箇所が分かってくる…。逆にヘタクソは短時間で終わる、完成するというより終わる

頷くほかないエピソードに、他のユーザーからも大きな反響が寄せられていました!

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ