ゴミ箱を漁って暮らしていた野良の子猫は…臆病なシャム猫の先輩と出会って、最高の凸凹コンビに

まだ幼いにもかかわらず、孤独にさ迷っていた野良の子猫・シャーマン。

とある家に引き取られた後、ゴミ箱をあさる癖こそなかなか抜けませんでしたが…

生まれつきの人懐っこさを発揮して、飼い主となった夫婦にもすぐさま心を開いていきます。

凸凹コンビ

一方、すでに同じ家で暮らしていた先住猫・チャンスは、人間との共同生活に依然として馴染めておらず…

しばらくは物陰に隠れるばかりの日々を送っていたそう。

しかし、そんな彼も…

シャーマンとは、出会ってすぐに大親友となりました。

臆病な先輩と、甘えん坊な後輩。

互い違いの性格が、逆に彼らを強く結びつけたのかもしれません( *´艸`)

彼らの間にあるドアが偶然閉まってしまい、離れ離れになったときは…

2匹とも私たちが気付くまで、その場を動かずに鳴き続けるんです。

関連:顔なじみのノラの黒猫が、飼っているシャム猫と意気投合。やがて家に招き入れ、獣医に見せると…

大きくなっても

以来、チャンスは堂々とした振る舞いを見せるように。

そして無論、シャーマンが3歳を迎えてもなお…

彼らの仲良しぶりは、ずっと変わらないままだといいます。

最高のパートナーと巡り合えた猫たちは、これからも末永く、幸せに暮らしていくことでしょう(*´▽`*)

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ