別々の家に引き取られてしまった双子の子猫。妹と別れた寂しさから鳴き止まなかった兄は…やがて、予期せぬ幸運に恵まれる!

年明けを目前に控えた、とある冬の日。

野良猫生活を送っていた、双子の子猫が保護されました。

兄のアレスと妹のアフロディーテは、とても強い絆で結ばれていたといいます。

 
その後、1月の半ばに彼らが保護されている施設を訪れたアラナさんは…

兄のアレスが、かつて亡くした愛猫と瓜二つであることに気がつきました。

離れ離れに

当初アラナさんは、兄妹の2匹とも引き取る予定でした。

しかしアフロディーテには、既に他の引き取り手がついており…

仕方なく、アレスのみを自宅へと連れ帰ります。

 
かけがえのない妹と離れ離れになってしまったアレスは…

アラナさんの家に迎えられてからというもの、延々と鳴き続けていたそうです。

私たちはすぐに、妹と別れたことが悲しくて鳴いているんだ、と理解しました。

本当に眠るまで、そして起きてからも、ずっと鳴いていたんです。

 
しかし、そんな双子の兄妹に予期せぬ展開が訪れます。

なんと、アフロディーテを引き取ろうとしていた方が、その申請をキャンセルしていたのです。

 
その事実を知ったアラナさんは、すぐにアレスを保護施設へと連れて行ってあげました。

 
再会するなり、アレスとアフロディーテは部屋中を駆け回って喜び合います。

その様子を見たアラナさんは、アフロディーテも自宅で引き取ることを即決しました。

関連:ゴミ箱の後ろで発見した子猫を保護。やがて適切なケアで元気を取り戻し、一安心かと思いきや…また鳴き声が聞こえて?

奇跡の再会

今ではアラナさんの家で、仲良く暮らしているというアレスとアフロディーテ。

2匹とも甘えたがりで、とても可愛いです。

抱っこしてあげると、のどを鳴らして喜ぶんですよ。

 
もう離れ離れになって寂しい思いをすることはないでしょう。

お互いにたった1匹の大切な家族と再会することが出来て、本当によかったですね。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ