『日本文化の危機』 三味線の最大メーカー「東京和楽器」が廃業に

東京エンタメ(東京新聞放送芸能部)(@hougei1)の公式アカウントが発信した、衝撃的なニュースに注目が集まっています。

 
誕生のルーツをたどれば、1885年にまでさかのぼる老舗。

コロナの影響の大きさを、あらためて思い知る出来事です。

目を逸らしてはいけない問題

長く続いてきたものほど、歴史がひとたび途切れれば、取り戻すのは困難になります。

 
受け継がれてきた芸術の命を紡ぐため…

適切な解決策が見つかることを、心から祈ってやみません。

関連:感染拡大が『音楽ストリーミング』に与えた影響は? 意外な話に驚く

みんなの反応

●これはかなりマズイのでは……

●私の父も三絃商の職人であったが、私が小さい頃は作っても作っても仕事が終わらないほどだったと聞いたことがある。さびしいのう

●じわりじわり音楽界もこういう廃業が出てきている。リアル三味線のプラグイン持ってるけどさ。弾き手の魂が宿っている音とは全然違うわけよ。文化的損失は予想以上にデカい

●東京和楽器様の三味線を使わせていただいております。大学を卒業したらもう一式購入する予定でした。なんとか続けていただくお手伝いをする方法はないのでしょうか

 
深く考えさせられる一幕に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ