熱い友情!小学校の時の約束どおりダウン症の幼馴染をプロムに誘ったアメフト青年

アメリカの高校生にとって、卒業パーティー「プロム」は学生生活を締めくくるビッグイベントです。そのパートナーに誰を選ぶかというのも大きな関心事になります。

アメフトの花形であるクォーターバックを務めるベン・モスリー君。彼も今年、アメリカの高校で卒業を迎えたひとりです。

ベン君がプロムのパートナーに選ぶのは誰なのか?皆が注目していました。

そして卒業パーティー当日。彼の隣でにっこりと微笑んでいた女性は、ダウン症を持つ幼馴染でした。彼女の名前は、メアリー・ラプコビッツ。愛らしくチャーミングな笑顔が魅力的です。

11137103_10206682676409220_6984163667505789534_n

 
実はベン君がメアリーさんをパートナーに選ぶと決めたのは、高校卒業の7年前。

まだ小学4年生のときでした。「プロムには必ず彼女を連れて行く」と母親に宣言していたのです。

 
2人は幼い頃からの親友ですが、ずっと同じ道をたどっていたわけではありません。この宣言から2年後、メアリーさんは別の学校へ転校してしまいます。

しかし、偶然なのか神様の導きなのか、彼女が転校して間もなく互いの学校が合併。再会を果たした2人は、また同じ学校で共に過ごすことができるようになったのです。

ベン君は常にメアリーさんを気遣い、特別な意識ではなく素直な優しさで接していました。メアリーさんもまた、ベン君を心から信頼していました。

 
そして2人は成長し、卒業の時期を迎えます。ベン君は、幼い頃の約束を忘れてはいませんでした。

「PROM?」と書いた風船を持って彼女のもとを訪れ、「一緒にプロムへ行ってくれないか?」と誘ったのです。

自分がパートナーに選ばれるなんて、予想もしていなかったというメアリーさん。答えはもちろん「イエス」でした!

11084247_10206248069784326_6539284854142999288_n

 
プロム当日の2人は、パーティー会場にいる出席者のなかでも、ひときわ輝くカップルとなりました。誰もが彼らの卒業を祝福し、深い友情に胸を熱くしたことでしょう。

この出来事は数件のアメリカのメディアに取り上げられました。

11255222_10206705246133449_3625915019242046004_n

成長しても、素直な気持ちを忘れず、友達を大切にするモスリー君。スポーツ選手としてはもちろん、好感の持てる素晴らしい人柄でも人気を集めていることでしょう(*´ェ`*)

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ