食事が摂れず、やせ細っていた野良の子猫。それでも彼女は…『ライオンのような心』で、ピンチを乗り越えた!!

アメリカ・フィラデルフィアの通りで発見された子猫・グレーテル。

骨と皮のようにやせ細った彼女は、消化に問題を抱えていたため…

空腹でも食事ができず、かなり衰弱していました。

 
やがて保護団体NARPS Catsが子猫を引き取り、すぐに治療が始まります。

ボランティアメンバーのショーナさんによれば…

引き取った時、ほんの310グラムしかなかったんです。

脱水症状を起こしており、小さな子猫にとって危険な下痢もしていました。

たくましい子猫

しかし、そんなピンチにもかかわらず…

グレーテルはお世話をしてもらっている間中、ずっと喉を鳴らし続けていたのだとか。

引き取った瞬間から絶え間なく喉を鳴らし続けていて…

ただ人のそばにいたいんです。

 
点滴をしたり、注射器でゴハンをもらったり…

様々なケアを彼女は決して拒まず、たくましくこなしていきます。

 
身体は小さくても、その心はまるでライオンのようです。

 
やがて徐々に元気を取り戻し始め…

2週間で体重は保護された時の2倍に。

 
成長していくにつれ、ますますやんちゃでお喋りになりました。

関連:同じ里親に保護された、人懐っこい母猫と孤児の子猫。やがて彼らは…「血のつながり」を越えた絆を結ぶ!!

新しい家族の元へ

その後、無事に生涯のお家も見つかったそう!!

 
たくましい心で困難を乗り越えた小さな子猫の前には…

これからも、明るい未来が待ち受けていることでしょう。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ