ソーシャルディスタンス対策に…「パンダ」が大活躍!? タイのレストランが実行したユニークな解決策に称賛の声

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、多くの飲食店が対応に追われている昨今。

営業を再開するとしても、ソーシャルディスタンスや衛生管理など、気にかけなければいけない事項は数多くあります。

 
そんな中…

タイのベトナム料理レストラン『Maison Saigon』が、とあるユニークな解決策を実行しました。

発想の勝利

それは…

あらかじめ、客席に「パンダのぬいぐるみ」を配置すること!

 
席と席の距離を保つために、椅子を撤去するのではなく…

空席にぬいぐるみを座らせることで、ソーシャルディスタンスを保つ作戦です。

 
向かい合う席にもパンダのぬいぐるみ、隣の席にもパンダのぬいぐるみ。

 
「先客」が座っているので、二名以上の利用客であっても、正面や隣同士で座ることは出来ません。

 
また、1人で訪れたお客さんの孤独感を和らげる効果も期待できそうです( *´艸`)

 
まさに、発想の勝利と呼べるでしょう!

関連:甘えたいあまり、小さな体で孤軍奮闘する赤ちゃんパンダ。健気すぎる姿に、つい『頑張れ』と応援したくなってしまう…!!

みんなの反応

●人との接触を避けるといっても、これなら寂しくないね!

●正直、どれだけ仲のいい友人と一緒でも、一緒に食事するならパンダのぬいぐるみの方がマシだな、って思うときあるよ

●↑まったくもって同感。

●日本では、あまりのオーバーワークで精神が疲れてしまった人々が似たようなことをやる、というが…本当だろうか?

●このパンダ、お持ち帰りは出来るんですか!?

 
世界規模の感染で、暗いニュースばかりが続いている時勢だからこそ…

こうしたユーモアも、大切にしてきたいですね。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ