『本をたくさん読む子は国語の成績がいい』 この意見って、実は…?

なちゅ。(@itacchiku)さんは、『読書』と『国語の成績』の関係を巡り、こんな呟きを投稿しました。

 
なるほど…!!(゚Д゚;)

大切なのは

なちゅさんはさらにこう続けます。

 
「自分に合った本との付き合い方を知る事も、子ども時代に大切な事」

彼らに本を読んでほしいと願う大人みんなで、ぜひとも共有していきたいアイデアですね。

関連:本よりYouTubeに夢中な小学生の娘。その姿に、父として思うことは…

みんなの反応

●私も本読まないくせに、現代文は得意でとても自信がありましたし、文章に真剣に向き合うことが好きでした。でも、漫画がすごい好きだったのが影響してるんじゃないかと勝手に思ってます。あと、wikiとか見るのめっちゃ好きでした

●禿げしく頷きすぎて首がもげました… 日々嫁が息子氏へ言ってる事ですw 字がいっぱいある本読みなさい!! って。嫁さんは読書大好きだからオヤジや息子氏の読書苦手、しんどさ、理解できないんだろうなぁ~と

●小説は読めるけど国語の成績は低い子どもでした。読んでるときに頭の中で動画なっていてそっちを見てるので、抜き出せと言われても抜き出せるものが頭の中にでて来ないので

●個人的な話なのですが読みたくなる面白い本に出会えるかが、一番大きいと思います。読書が10歳まで嫌いでしたが、面白い本に出会い、苦痛と向き合って、今は苦もなく読めるようになりました。自発的な挑戦こそが最も大切なことかと思います

 
大変興味深いお話に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました!

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ