【子猫】 独りぼっちで発見された、形成不全を抱える子猫は…逆境にまけず、やがて「見事な成長」を遂げた!!

とある住宅の玄関先で、生まれたばかりの1匹の赤ちゃん猫が発見されました。

 
その身体には、まだへその緒が残っており…

人の手で保護する必要がある、と直感した発見者の女性は、地元のアニマルシェルターに連絡を取ります。

不幸にも負けず

のちにカブという名前を与えられることになる子猫は…

生後3日目にして体重が標準値を下回っており、前足にも形成不全を起こしていました。

 
対応を引き継いだ保護団体の代表・ハンナさんが、早速ケアに当たります。

カブの身体は、他の子猫とは少し異なっていました。

前足が内向きに曲がってしまい、尻尾もかなり短かったんです。

一方で、彼女の精神は「生きたい」という力強い意志に満ち溢れていましたね。

 
幼い子猫は自分の力で体温を調節することができないため、ハンナさんたちはカブのために快適な保育器を用意しました。

また、2時間おきにご飯を食べさせて、健康的に体重を増やしていくように努めます。

カブは、すばらしい食欲の持ち主でした。

1回の食事で、5ccもたいらげてしまうんです。

このサイズの子猫にしては、かなりの量なんですよ。

 
尽力のかいあって、彼女は日を追うごとにぐんぐんと大きくなっていき、まもなくお腹もまんまるに。

 
健康上の問題は、見事にクリアできたようです。

関連:【子猫】手のひらサイズの小さな子猫。同じ過去を持つお姉ちゃん猫と、里親ママの献身的なお世話のおかげで…幸せを手に入れた!

幸せを見つけた

やがて、無事に飼い主となってくれる方も見つかって…

独りぼっちの子猫だったカブは、温かな家庭へと引き取られていきました。

アニマルシェルターには、本当にたくさんの猫たちが預けられているんです。

特に、繁殖期の季節になると、昼夜問わずのお世話が必要な赤ちゃん猫がたくさんやってきます。

そんな子猫たちを救うために、私たちがいるんですよ。

 
今日も戦い続ける優しい人々へ…

改めて、心からの拍手を送らずにはいられませんね。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ